真鍮 - 鉄スクラップの取扱い品目 -

真鍮

真鍮とは?

真鍮とは、黄銅とも呼ばれ銅合金の1種で、銅60~80%、亜鉛40~20%程度で作られています。
水道関係で多く使われており蛇口(カラン)、バルブ、水 道管等、ガス関係では口金等に使われている。
身の回りの真鍮としては5円硬貨がありますが、 銅と亜鉛の割合により色が異なりますので、 全ての真鍮が5円硬貨のような色をしているとは限りません。
また、鍍金されているものも多く砲金や丹入と区別がつきにくいですが、削ってみると黄色に見えるのが、黄銅です。スク ラップ買取では蛇口、バルブ未解体の状態でも込真鍮屑と言い、買い取りしています。
その他金に近い色をしている事から仏具、装飾品などに使われてもいます。

→取扱い品目一覧に戻る

お気軽にお電話ください!